発泡スチロールを使用する利点|

大和化学工業株式会社

FAQ

発泡スチロールを使用する利点は?

弊社では様々な商品の開発を行っており、商品の梱包には主にダンボールを使用しています。
商品によってはお客様の希望もあって発泡スチロールを使用することも何度かありましたが、これまでは量も少なかったこともあり、ダンボールを受注している会社にお願いして希望の形に加工してもらっていました。
ありがたいことに、昨年から開発を進めていた商品の大量発注をいただくことができ、それを梱包するためにかなり特殊な形状の発泡スチロールが必要となり、少しでも商品単価を落として利益を出すように、今度は必要な発泡スチロールはメーカーから直接仕入れることにしました。
近頃では梱包材自体にダンボールを使用しないで、緩衝性の高い発泡スチロールを利用するケースも増えていると聞きましたが、その他にも発泡スチロールを梱包材に使用する利点があれば教えてください。

answer

断熱性や耐水性に優れている他様々な利点があります。

ご指摘の通り、発泡スチロールには高い緩衝性があるため、特に壊れやすい精密機械や部品などをしっかり守ることができます。
断熱性にも優れており、保冷性に最適で、冷たいモノだけではなく、温かいモノも長い時間そのまま保ち、新鮮さをキープできます。
発泡スチロールの中の孤立した気泡が皮膜の代わりになるため、耐水性にも優れており、水の侵入を防ぎ、湿気もシャットアウトしてくれます。
発泡スチロールの98%は空気であるため、ダンボールと比較してもかなり軽量で、商品を運びやすいという利点もあります。
いろいろな形に成型しやすいのも大きなメリットで、当社ではこれまでも約1500種類の様々な成形、加工を行っており、型物を中心として試作品から量産まで多品種に対応しております。
発泡スチロールと言えば白色のイメージが強いと思いますが、近頃では色付きの発泡スチロールをそのまま梱包材や化粧箱として利用している企業様も増えています。

お気軽にご相談下さい。お見積りは無料です。

このページの先頭に戻る