発泡スチロール利用のチャイルドシートの加工|埼玉県の大和化学工業株式会社は発泡スチロール成形メーカーです。

大和化学工業株式会社

FAQ

発泡スチロールを利用しているチャイルドシートの加工のお手伝いをしてもらいたい。

新興のベビー・子供用品メーカーです。
この度新しくチャイルドシートの開発に乗り出すことになりました。チャイルドシートの大枠はプラスチックですが、座面や頭部保護部は発泡スチロールです。
どういった形状が最適か、強度はどの程度あった方がいいのか、重量はどの程度かなど、プロトタイプ作成を通じて、発泡スチロール利用への理解を深めようと考えています。
プロトタイプなので、量を多く発注できませんし、微調整をお願いすることもあるかと思います。こうした少量生産への対応をしている発泡スチロール業者はありますか?アドバイスをお願いします。

answer

少量生産でも対応可能です

発泡スチロール業者の性格と規模によりますが、多くの場合で、小ロット生産にも対応しています。特にプロトタイプなど、成型後も調整が必要な製品に関してはカット品での対応になることが多いです。これは発泡スチロール板からニクロム線にてカットする方法で、細かい製品や試作品製造などによく用いられます。
業者によってはすでに身体保護用途の製品を製造しているところも多いでしょう。その場合、形状が確定したら、大量生産に向けての話もできるでしょうし、頭部保護に最適な発泡スチロールの発泡率についても相談にのってもらえる事もあるでしょう。発泡スチロールへの理解が深いのが、専門業者の強みです。
まずは発泡スチロール製造専門業者をインターネット上で検索していただき、電話かメールで問い合わせてみることをおすすめします。その際にどういった用途で発注したいのか、詳細を伝えることができれば、業者側でも事情を飲み込みやすくなります。
業者によっては研究機関や教育機関との提携、地域の自治体やメーカーへの貢献を表に出しているところもあります。そういった業者であれば協業しやすいかもしれませんね。

お気軽にご相談下さい。お見積りは無料です。

このページの先頭に戻る