発泡スチロール造形の打ち合わせについて|埼玉県の大和化学工業株式会社は発泡スチロール成形メーカーです。

大和化学工業株式会社

FAQ

発泡スチロール造形の打ち合わせはどのように行われますか?

私たちの会社で発泡スチロールの造形したものを取り扱いたいと考えていて、それによって製品の改善を果たすことができると期待しているため、実際にメーカーと打ち合わせをしたいと考えています。
しかし、これまでに発泡スチロールのメーカーと打ち合わせをしたことがなく、いろいろと不安に思っていることがあるため、具体的にどのようにして打ち合わせが進められていくのか教えてください。

answer

希望を伝えれば提案を受けることができます

これからメーカーと打ち合わせをすることになると、どういった点について注意すればいいのかわからずに困ってしまう人がいるかもしれません。
私たちは発泡スチロールのメーカーとして初めて相談された人に対しても丁寧に対応をして、しっかりとサポートするため、問題なく打ち合わせを進めることができます。
先日も相談があって、そちらの人は発泡スチロールの造形を依頼したいとのことだったため、まずは打ち合わせをすることになり、その際にはどのような製品形状を希望しているのか確認しました。
その際には、向こうのほうで図面やスケッチを用意してくれたため、それを参考にすることによって、どのような希望を抱いているのか正確に把握することができ、迅速に対応することができて、とても助かりました。
最終的には製品の形状や仕様についてまとめることに成功し、見積書を提出させていただいて、その内容でOKをもらったため、実際に試作品の製作をして、金型製作からサンプルの提出、本生産の開始から納品までスムーズに作業を進めることができて、こちらの納品したものについて満足してもらうことができました。
打ち合わせの際には相手に希望をしっかりと伝えることが大切であり、そのためには図面などを事前に用意しておくとスムーズに希望を理解してもらうことができて、打ち合わせがスムーズに進行します。
言葉だけで希望を伝えるのではなくて、図面なども用意することで誤解を避けることができるため、参考にしてください。

お気軽にご相談下さい。お見積りは無料です。

このページの先頭に戻る