不良品が生じる可能性|埼玉県の大和化学工業株式会社は発泡スチロール成形メーカーです。

大和化学工業株式会社

FAQ

発泡スチロールの造形を頼んで不良品が生じる可能性はありますか?

自社で扱うための発泡スチロール製品の造形を業者に依頼したいと考えているのですが、その際には不良品を納品されてしまうと困ると思っています。
そこで、実際に発注をしたとして、不良品が納品されてしまう可能性が果たしてあるのか気になっているため教えてください。

answer

どうしても不良品が生じる可能性は存在します

これから発泡スチロールの造形を業者に依頼する際には不良品が生じることがあるのか気になるでしょう。
私達はできる限り品質の優れた製品を提供することを心がけて発泡スチロールの造形をしている会社です。
先日も、私達のところで発泡スチロールの加工をしてもらいたいという人からの問い合わせがあり、そちらの人は不良品が発生する可能性はどの程度存在するのか知りたいとのことでした。
そこで、私達は品質管理に徹底的にこだわっていて、極力不良品が発生しないような環境を整えるための努力をしていることを伝えて、それでも不良品が発生する確率は0ではないと伝えました。
それでも、不良率が0.5%程度にまで低くなることを目標として製造に取り組んでいるため、安心して発注することができるとアピールしたところ、こちらの人は最終的には私達の会社との契約を真剣に考えてくれるようになりました。
そこで、私達はこちらの方の期待に応えるために全力をかけて質の高い製品を提供することに力を入れることになり、しっかりとヒアリングをしてどのようなものを理想しているのか聞き出し、それを形にすることに努めました。
最終的に私達のほうで納品したものにこちらの方は満足してくださり、今後も継続的に取引をしていきたいという話になりました。
このように発泡スチロールの造形についてはどうしても不良品が発生するのは避けられないのですが、可能な限り不良率を下げるための努力をしている会社はたくさん存在しているため、そういう会社に依頼することによって、不良品を納品されるリスクをできるだけ回避できるでしょう。

お気軽にご相談下さい。お見積りは無料です。

このページの先頭に戻る