発泡スチロール造形とは|埼玉県の大和化学工業株式会社は発泡スチロール成形メーカーです。

大和化学工業株式会社

FAQ

発泡スチロール造形ってなんですか?

美大に通っています。
同じ大学の知人から「発泡スチロール造形って面白いんだけど今度作ってみない?」と誘われました。
でも、私は発泡スチロール造形を見たことがないので、なんとも言えません。
そもそも、発泡スチロール造形ってなんですか?
そして、どうやって造るのでしょうか?

answer

とにかくリアリティを追求した造形です

発泡スチロール造形とは、その名の通り発泡スチロールを使った造形です。
見た目はもちろん、質感までもリアリティを追求し、発泡スチロールを削って表現します。
また、着色もリアリティを追求して行います。
一般的な発泡スチロールのイメージだと、スーパーなどで魚などが入っているボックスタイプのものですが、発泡スチロールにはブロックタイプの物もあります。
ブロックタイプの発泡スチロールを削って、形を作っていきます。
発泡スチロール造形の楽しいところは、石や木などの天然のものとは違い、加工がしやすいということ、そして発泡スチロールなので素材が安価なため、取り組みやすいというメリットがあります。
また、耐久性がある割に軽いので持ち運びなどが簡単で、美大生の方の作品展などでは割と喜ばれることも多いようです。
発泡スチロール造形は、街の至る所で使われるPRツールなどになっており、例えばお店の看板を絵で立体的に見せるのではなく、発泡スチロール造形で立体的な看板としてお客さんの目を引いたり、観光地などにある顔ハメパネルを発泡スチロールで作ることで、持ち運びが便利になるだけではなく、経費の削減にもつながります。
調べてみると、様々なデザインがあるので、楽しいと思いますよ。

お気軽にご相談下さい。お見積りは無料です。

このページの先頭に戻る