ガラスや陶器の置物の梱包箱の別注メーカー|埼玉県の大和化学工業株式会社は発泡スチロール成形メーカーです。

大和化学工業株式会社

FAQ

ガラスや陶器の置物の梱包箱を別注出来るメーカーはありますか?

様々な作家やアーティストの作品を扱い販売代行している会社の者です。アクセサリーから家具まで幅広く取扱いしていて、イベントにも数多く参加しています。個性的な作品を生み出すアーティストさん達を世に広めるお手伝いができ、どこにもないショップや卸先のコーナーづくりを任されることを目標にしています。アーティストさんの多くが資金的に余裕がないため、会社として支援できる範囲内で協力しているのですが、その中の一つに梱包ケースの課題があります。工場製品ではないため同じデザインのものが2つとないのですが、それでも一つの置物があるとして、10店舗へ発送するとなると適したサイズの梱包箱が必要で、スーパーから貰ってきた箱と新聞紙では駄目です。
まだ整理できていませんが、必要なサイズをある程度決め、割れ物をしっかり保護出来る発泡スチロールの梱包箱を別注出来ないかと検討しています。
我々会社が注文するのですが、対応頂けそうな国内メーカーさんがありましたらご紹介ください。

answer

発泡スチロール造形の専門業者にご相談ください

試作品の保護ケースは、形が複雑であればあるほど、また精密であればあるほど、専用のケースが必要になります。多くの場合、それは既製品では対応できません。
そうした際に頼りになるのが発泡スチロールです。単体での試作であればニクロム線を駆使してどんな形でも再現することが可能です。
まずはお近くの発泡スチロール製造専門業者をお探しになり、コンタクトを取ってみてはいかがでしょうか。試作品のCAD図面などがあれば、ケースの試作もスムーズに進むと思われます。
業者と懇意になることができれば、その後の大量生産に向けても話を進めることができます。専門業者ですから、発泡スチロールの性質に関しては精通しています。強度・軽さ・予算のバランスをうまくとって、お客様に最適なソリューションを提供します。
発泡スチロールは文字通りペレットを膨らませ(発泡させ)て整形します。この膨らませ具合が製品の善し悪しを握る鍵になります。発泡が少なければ、よりガッシリとした緩衝材になりますし、発泡が多ければより軽く仕上げることができます。
まずはご相談いただき、どういった形で整形したいのか目処をつけながら依頼を進めてみてはいかがでしょうか。

お気軽にご相談下さい。お見積りは無料です。

PageTop