発泡スチロールの倍率ってなんですか?(倍率) 編|大和化学工業株式会社の発泡スチロール成形の豆知識です。

大和化学工業株式会社

発泡スチロールの倍率ってなんですか?(倍率) 編

材料メーカーより材料(発泡ポリスチレンビーズ)を購入いたします。

発泡ポリスチレンビーズ

購入時の倍率は1倍となります。

矢印

発泡ポリスチレンビーズ

弊社にて指定の倍率に膨らませます。
なぜ、指定の倍率に設定をするのかと言いますと、それぞれの倍率により特性があり、緩衝材であれば緩衝効果芯材であれば強度や硬さ、ロボットトレーであれば寸法精度、保温材であれば保冷保温効果、と言った色々な違いがあるためです。

また、お問合せ頂きますお客さまの中で、30倍と60倍どっちが硬いの?重いの?と言う質問があります。

30倍は1倍の発泡ポリスチレンビーズを30倍に発泡させる(膨らませる)60倍は1倍の発泡ポリスチレンビーズを60倍に発泡させる(膨らませる)60倍の方が30倍より膨らんでいるので柔らかくて軽くなります。
計算で表しますと、発泡ポリスチレンビーズ1倍の比重は1となります。

これにより30倍の比重は
1(比重)÷30倍(倍率)=0.0333・・・・・

60倍の比重は
1(比重)÷60倍(倍率)=0.0166・・・・・

さらに、この数値を使用し体積を求めますと例えば下図の10cm×10cm×10cmの立方体があるとします。

図

立方体の体積の求め方は1辺×1辺×1辺
よって10cm×10cm×10cm=1000cm3

1000cm3に比重を乗算(掛け算)した数値が重量となります。

30倍の場合:1000cm3×0.0333=33.3g

60倍の場合:1000cm3×0.0166=16.6g

※比重とは、ある物質の密度(単位体積あたり質量)と、基準となる標準物質の密度との比である。

通常、固体及び液体については水(温度を指定しない場合は 4°)、気体については、同温度、同圧力での空気を基準とする。

上記により、発泡倍率の関係は
・発泡倍率が低い程  密度が高く、重くて固い
・発泡倍率が高い程  密度が低く、軽くて柔らかい
倍 率 弊 社 で の お 客 様 の 使 用 用 途 例
5倍 ロボットトレー
10倍 一般トレー・芯材・機能部品・ヘルメット・学校教材
20倍 一般トレー・芯材・機能部品・ヘルメット・水耕栽培用トレー・試験管薬品ラック・コンクリート用型枠材
30倍 一般トレー・水耕栽培用トレー・試験管薬品ラック・保温材・食品ケース・消失模型・コンクリート用型枠材・プランター・クーラーBOX
40倍 一般トレー・産業用緩衝材(重量物)・食品ケース・医療ケース・消失模型・プランター・クーラーBOX
50倍 一般トレー・産業用緩衝材・食品ケース・医療ケース・額用フレーム・プランター・玩具ケース
60倍 産業用緩衝材
70倍
80倍
90倍
100倍
お客様のご要望にあわせた発泡倍率(硬さ)での成形対応が出来ます。
初めて発泡スチロール使用されますお客様は、発泡倍率(硬さ)に付いて判らない事が沢山
あると思われます。
そんなお客様のために弊社では発泡スチロールの倍率ごとに成形を致しました、4種類の倍率板サンプルをご用意しております。
※成形板サンプルは10倍〜60倍となります。(10倍単位・6種類)

お気軽にご相談下さい。お見積りは無料です。

このページの先頭に戻る