加工で硬い発泡スチロール部品の作成|発泡スチロールの加工ならお任せ下さい。

大和化学工業株式会社

FAQ

加工により硬い発泡スチロール部品を作ることができると聞きました。本当ですか?

発泡スチロールと言うと、緩衝材や保冷剤などの用途で使っているものを思い浮かべます。
ただ、このあいだ聞いた話によると、「発泡スチロールは壊れやすい柔らかいものだけでなく、硬い部品も作ることができる素材」だということです。どういうことでしょうか。
発泡というくらいですから、何かの素材を膨らませて成形するのだと想像していますが、発泡を抑えれば抑えるほど硬くなるということでしょうか?もしある程度の強度があって軽い素材ということであれば、自分の携わっている研究に使えそうだなと感じ、詳しい話を聞きたくなりました。
最近であれば、3Dプリンタで部品を自作することもできるのですが、素材によっては強度や耐熱性が足りないこともあります。また、大量生産には向きません。
仕様が固まり、多くの部品を一気に製造するとなれば、発泡スチロールは3Dプリンタ製造品に勝てるのではないかと考えました。ぜひとも専門に作っている方のお話を伺いたいです。そういったリクエストに答えてくれる業者はありますか?あればどうやって探せばいいでしょうか?アドバイスをお願いします。

answer

試作品製造なら小回りのきく発布スチロール製造専門業者にどうぞ

おっしゃるとおり、発泡スチロールには一般に考えられている以上に可能性があります。
発泡率を調整することで硬さや強度のあるものを製造することも可能ですし、大量生産にも向いています。
3Dプリンタとの比較ですが、少量製造に関しては3Dプリンタのほうが利便性は高いかもしれません。しかし、発泡スチロールは機械成形後も手作業での成形も容易というメリットがあります。
オーダーメイドで少しずつ作っていく際も、金型を作って大量生産する際にも、発泡スチロールは優位に立てることでしょう。
まずはお問い合わせになり、どういった依頼をしたいのか詳しく相談してみてください。

お気軽にご相談下さい。お見積りは無料です。

PageTop

Copyright(C) 大和化学工業株式会社 All Right Reserved.