発泡スチロールを利用するメリットや特性|発泡スチロールの加工ならお任せ下さい。

大和化学工業株式会社

FAQ

Q

発泡スチロールを利用するメリットや特性とは?

質問 何気なく使用している発泡スチロールですが、我が社では売上がアップするにしたがって、梱包材や緩衝材としての使用頻度が増えていて、既製品ではまかないきれなくなりました。
そこで、発泡スチロールを希望する形に加工してもらえる創造元を探しているのですが、いまさらですが、発砲スチロールの特性や、利用するメリットや用途などを詳しく教えて欲しいです。
良い点ばかりではなく、利用することのデメリットなどもあればそれも併せてお知らせください。
これまではあまり気にしていませんでしたが、オーダーメイドするにあたり、一度にたくさん注文した方が1個当たりの単価も下がると思うので、できるだけ発泡スチロールに詳しくなりたいと思っています。
年々かさばる経費削減にも取り組んでいて、それにも大きな影響を与えると思うので、質問に含まれないことでも何でも教えて欲しいです。

矢印

A

ガラスの修理にはいろいろな技術が必要とされます

発泡スチロールは石油製品であることをご存知の方は多いと思いますが、容積のうち空気が98%を占めていることを知らない方もたくさんいることが予想されます。
その原料はポリスチレンの粒で、それを蒸気に当てて50倍程度に膨らまして成形します。
成形のためには金型が必要で、発泡スチロールを希望の形で大量生産するには、専用の金型が必要になります。そのため、オーダーメイドする際の初回には、次回かたは発生しない金型代も請求されることになります。
発泡スチロールの大きな特性として挙げられるのが断熱性です。空気を含んだ発泡ビーズには、ハチの巣のような空気の穴がたくさん開いています。そのため、熱が伝わりやすくなっていて、断熱材として住宅資材などにも利用されています。
空気を多く含み緩衝性も高いことから、緩衝材として利用されています。熱を通しにくく衝撃に強い以外にも、軽くて水を通しにくいことも、発泡スチロールのメリットで、それがデメリットになることもあります。
頑丈な発泡スチロールですが、カッターなどの刃物では傷が付きやすく、硬さはありますが鉄のような特性は持っていません。
リサイクル率が高いことも特徴で、プラスチックの原料として再利用されています。
発砲スチロールは、農業資材など新しい分野にも進出していて、その用途は今後も広がることが予想されます。

お気軽にご相談下さい。お見積りは無料です。

PageTop

Copyright(C) 大和化学工業株式会社 All Right Reserved.