試作品ケースを発泡スチロールで成形|発泡スチロールの成形ならお任せ下さい。

大和化学工業株式会社

FAQ

試作品ケースを発泡スチロールで成形してほしいです

顧客からの依頼で、とある精密機械の試作品を製造しました。しかし規格品ではないので、ぴったり収まる収納ケースがありません。どこかに作成をお願いしたいのですが、どこに頼めばいいでしょうか。
希望としては、少々複雑な形なので、柔軟に形をあわせられる素材が望ましいです。
知人に相談したところ、発泡スチロールがいいのではないかとアドバイスを受けました。それまでは思いつきませんでしたが、確かに、形をあわせて作れそうです。
こうしたリクエストに対応してくれる業者はありますか?教えて下さい。

answer

発泡スチロール成形の専門業者にご相談ください

試作品の保護ケースは、形が複雑であればあるほど、また精密であればあるほど、専用のケースが必要になります。多くの場合、それは既製品では対応できません。
そうした際に頼りになるのが発泡スチロールです。単体での試作であればニクロム線を駆使してどんな形でも再現することが可能です。
まずはお近くの発泡スチロール製造専門業者をお探しになり、コンタクトを取ってみてはいかがでしょうか。試作品のCAD図面などがあれば、ケースの試作もスムーズに進むと思われます。
業者と懇意になることができれば、その後の大量生産に向けても話を進めることができます。専門業者ですから、発泡スチロールの性質に関しては精通しています。強度・軽さ・予算のバランスをうまくとって、お客様に最適なソリューションを提供します。
発泡スチロールは文字通りペレットを膨らませ(発泡させ)て整形します。この膨らませ具合が製品の善し悪しを握る鍵になります。発泡が少なければ、よりガッシリとした緩衝材になりますし、発泡が多ければより軽く仕上げることができます。
まずはご相談いただき、どういった形で整形したいのか目処をつけながら依頼を進めてみてはいかがでしょうか。

お気軽にご相談下さい。お見積りは無料です。

PageTop